WEB通販で個人情報無しで買えるペニス増大サプリの効果はあるの?

私は若い頃、ペニスのサイズにかなり悩んだものです。今は「中年」と呼ばれる年代になり、結婚して子供も2人いますから、それほど悩みと感じてはいません。温泉旅行などに行っても、人と比べて強いコンプレックスを感じるというようなことはなくなっています。

つまり、ペニスのサイズの悩みは若いうちほど大きく、年齢とともに小さくなるということ。これは私のみならず、多くの男性に共通した心理と言っていいのではないでしょうか。

ところで、巷には「サイズアップサプリ」「ペニス増大サプリ」が流通しています。実は私も、以前試してみたことがありました。もう結婚していましたが、「サプリで大きくなれるなら、試してみたい」と思ったのです。

そのサプリの中で一番良さそうだったのが「ベクノール」という商品で、サイズアップのメカニズムも研究しました。配合成分など、それなりに納得できるものでした。ベクノールの評判も調べまくりました。

そして人気サプリを通販。その結果は「男性として元気にはなれたけど、さずがにサイズアップまでは無理だった」というのが実感です。

そのサプリは、男性ホルモンの分泌を促したり、血流を向上させたりする成分を多く配合しています。ですから、それを服用すれば、男性ホルモンが増えて活力がアップ、体力向上につながることは確かでしょう。また、血流が良くなるので、勃起力アップの効果はありありますし、健康増進にも好影響があることはまちがいありません。

しかし、だからと言って、ペニスの大きさまで変わるということは、少なくても私には実感できませんでした。「商品サイトの口コミほどの、劇的な効果はなさそう」というのが、私の正直な感想です。

ただし、私の場合ある程度年齢が行ってから服用しましたが、もっと若い年代で利用すれば、それなりの効果はあるのかもしれません。実際にそういう口コミもあります。また、お話ししたとおり、健康効果は期待できますし、勃起力アップにはつながりますから、国産の安全安心のサプリを選んで試してみるのもいいでしょう。

努力を無駄にすることなく手術をしてでも大きくしたい!

私は中学生の頃に修学旅行で自分のチンコが小さいことを知りました。

人より多少小さい程度なら気にならなかったのですが,明らかに同級生達と大きさが違いとても悩みました。

高校生になってもそれほど大きくならずとても悩んでいた時に,高校3年生の先輩がちんこを大きくする方法を教えてくれました。

毎日風呂場でちんこを勃起させ、そのちんこを手でぎゅっと絞り、うっ血させて大きくすると言うものでした。

それと同時にタオルを濡らし、1日100回強く叩きました。

マスターベーションをすればするほど亀頭が大きくなると言われ、マスターベーションの回数も増やし、進行を大きくしたい一心でがんばりました。

何度か膿が出たりしましたが一応の効果を確認することができました。

しかし太くはなったのですが、長さが不満で通販のサプリメントを試すことにしました。

超有名なAV男優さんが広告塔になっているサプリメントを服用し始めて3ヶ月過ぎた頃、自分には合っていないのかなと思い服用を中止しました。

しかし服用していた時は本番の時など中折れもなく、2回はできたのでそういった効果はありました。

自分の経験上,身長の高い人はちんこがでかく身長が低い人はチンコが小さいという定義があり、私は後者に当たります。

クリニックに行って手術してもらい大きくすることも真剣に考えています。

とても恥ずかしいですが、アダルトビデオのように女性を満足させられるのであれば高いお金を出してでも手術を受けてみようと思います。

臭いちんこのせいで周りの人を悲しませる結果に

家の中にまで充満してしまう臭いちんこの臭いに、母もうんざり顔です。夏場は窓を開けていてもその剥けてない臭いちんこの臭いが家の中に漂ってしまうから、一緒に同居している母は辛そうな顔をします。

お風呂に入れば、そのお風呂にもその臭いがいつまでも漂います。トイレに行ってオシッコをしただけでも臭いから、母はいつも俺が入った後には「換気扇を回しなさい!」と言ってきます。

いつも怒られている俺は、ほんとに悲しくなります。大学も出て、収入の良い会社にも入りました。10年も勤めてきて、ボーナスも上がっています。母にもお金を渡していますし、家もリフォームして綺麗になりました。

なのに、その剥けていない臭いちんこのおかげで、険悪なムードになってしまうのです。母を楽にしてあげたいと思っては仕事で頑張っても、その臭いちんこの臭いのせいで不快な気持ちにさせてしまっていることが悲しくなるのです。

これなら母とは別に住んだ方が親孝行なのかなとも思いました。でも、高齢な母ですし、オヤジもいないから、何だか気になります。俺も30代後半で独身です。

親子2人で二人三脚で生きてきたのに、臭いちんこのせいで離れ離れになるなんて嫌です。母には「何とかしなさい!」と言われていますから、何とかしたいです。

やっぱりクリニックで手術をして治療した方がいいよなあと思ったりもします。どこのクリニックがいいのかな?と思っては、色々なクリニックのホームページを見て調べています。

小さいちんこで引きこもる日々、ニートはチンコ小さいのでは?

小さいちんこで何度も友人にからかわれてしまうのが悲しくなります。友人に誘われてはホテルへと泊まりに行ったら、そこで裸にされてしまいました。からかってはやったと思いますが、浴衣からは小さなちんこが見えてしまい、みんな口をアングリと開けては驚いていました。

そして、お腹を抱えて笑われてしまったのです。その笑い方が凄く辛かったです。でも、小さなちんこでキレるわけにもいかず、「ははは、見たなあ」と言ってはゴマかしていました。

でも、男の友達ってのは悪ノリをするんです。ことあるごとに俺にズボンをずらしては、その小さなちんこを見てケラケラと笑うんです。本人達は小さい形のちんこを見てちょっと楽しむという感じだとは思うんですが、何度も笑われるとほんとに嫌になります。

その友人達と遊ぶのも嫌になってしまったほどで、近頃はその誘いを断っています。大学生にもなってちんこが小さいなんて、ほんとに穴があったら入りたいと思います。

近頃は、そんなからかう友人がいる大学に行くのも嫌になってます。勉強も手につかず、近頃は家に引きこもりがちになってしまいました。このまま引きこもって、一体、どうしたらいいのかなと思ってしまいます。

ずっとこんな暗い生活をしていて、良いことがあるのかな、人生をやっていけるのかなと本当に悩みます。引きこもれば引きこもるほど、ますます辛くなります。

他の道を考えては、人生に悩む毎日です。小さいちんこのせいで、何年も引きこもったらどうしようと考える私です。

ネガティブになる剥けないちんこ、サプリメントは継続

彼女と同棲をしたいと思うのですが、剥けてなくて臭いちんこのために踏み切れません。彼女は私と結婚したいと願っていますが、まさか剥けていないちんこがかなり臭いということを知らないと思うのです。

彼女と会う時には丁寧にちんこを洗っていますし、臭いが出ないようにサプリメントを飲んでは頑張っているわけです。だから、小さいながらも彼女は僕を愛してくれていると思うのです。

それが、同棲をしたら、寝る時にも一緒、週末もずっと一緒に居なければなりません。それを考えると、ちょっと恐ろしいなと思うのです。洗っていない時の僕のちんこをもしも彼女が嗅いでしまったらと思うと、怖いんです。

彼女は理解がある人ですから、剥けていない小さなちんこでも許してくれています。でも、彼女だって臭いが酷かったら一緒に住むなんてことは考えないと思うんです。そうなると、結婚すらできないと思います。

そんなことで、僕はいつも消極的になってしまいます。女性と付き合うことはできても、それ以上のことをやることができないんです。そこが普通の男とは違うところで、ますます女性をがっかりさせてしまうところでもあるんです。

まあ、性格も良いと言われますし、包容力もあって素敵とも言われます。でも、やっぱりちんこが剥けていなくて臭いと、何だか威厳も男らしさも損なわれてしまうように感じるんです。

不潔なのかな?と思われても仕方ないと思います。何だか何でもマイナス思考になってしまい、ネガティブな性格になってしまう自分が本当に嫌いです。

包茎も短小も対策も手術もあきらめました

①いつそのことに気づいたのか
自分が短小包茎である事に気がついたのは、中学生の頃に宿泊合宿でみんなでお風呂に入ったときの事ですね。堂々と見たわけではありませんが、廻りを見るとしっかりと剥けていていかにも大人のそれといった男子がちらほら。自分の小学生みたいな一物を見て何か変だなと感じ始めました。

当時はそういった方面に詳しい知識が無かったため、友人の中でもそっち方面に詳しい人間にそれとなく聞いてみました。するとそれが包茎だと言うことをしりました。ただ、その時点ではそのうちに自分もああいった形になるのだろうと気楽に構えていました。

②そのことに気づいて何を実践したのか
ところが高校生になっても大学生になっても皮が後退する気配はありませんでした。手で剥けば彼女との行為には及べるもののそれも情けない。

早く剥けるようにと、手で自分でするのを我慢してみたり、なるべくむいておいて後退させるようにと、今考えると結構無駄な努力をしていました。成人男性向け雑誌の裏表紙にかいてあるようなクリニックも考えたことはありましたが、結局行くことはありませんでした。

③その結果どうなったのか
そんなことをしているうちにいい年になっちゃって、あまり気にならなくなってしまった事。インターネットで見た情報で日本人男性の6割程度は包茎である事を知ったことで、なんだ自分は多数派だったのかと知った事も対策をやめてしまった一因かもしれませんね。

形がいびつ?先細りのペニスが大きな悩みです

私のペニスの悩みは亀頭が小さくて、どうしても皮を被ってしまうことです。

中学生の時に、友人が包茎はペニスが小さいからなるんだということを話しているのを聞いたことが、この悩みを抱くきっかけでした。

私のペニスの長さは15cm、太さは4cmと平均並みですが、亀頭に向かうにつれて、徐々にペニス全体が細くなっていくのです。

例えるならば、ドリルのような先細りのペニスと言えるでしょう。

そして最大の問題は、勃起した状態でも包皮自体はスムーズに剥けるのですが、亀頭が小さくて包皮が引っかからないために、どうしても皮を被ってしまうのです。

やはり、皮被りは見た目的にも悪いですし、女性を楽しませることができているのか心配になってしまいます。

この皮被りの状態を改善するために、亀頭を大きくするというトレーニングを始めました。

ミルキングという方法で、勃起した状態のペニスを握り、亀頭の方に血液を流していくイメージでマッサージをするというものです。

この方法をしばらく試していくと、確かに亀頭の膨張率が上がり、エラが張ってきたような気がしました。

実際、少しは皮がエラに引っかかるようになり、完全な皮被り状態を脱することができました。

ですが、完全に皮被りの状態が改善したとは言えず、亀頭の半分以上は皮を被ってしまいます。

多少の改善にはなったと思っていますが、最終的な解決には至っていないというのが、私個人の感想です。

小さくても剥けて無くても、もう気にしません

私は小さな頃からアレが小さい事と剥けていない事がコンプレックスになっていました。さらにもともと体が太っている為、余計に小さく見えてしまいます。コンプレックスが災いして修学旅行や友人との旅行のときなどは決して同時にお風呂に入ることはありませんでした。大人になり、彼女が出来たときも初めて人目に晒すのにはすごく勇気が必要でしたね。さすがに彼女からは「普通ぐらいじゃないの」と優しい言葉をかけて頂きました。そうでなければきっとEDにでもなってしまったと思います。

ただ、こんな私でも結婚する事ができ、さらに子供を二人ももうけることが出来ました。男の子二人です。

子供が成長するにつれて家族旅行へ行く機会も増えてきました。温泉旅行です。

昔からコンプレックスのせいで温泉や銭湯は出来るだけ避けてきた人間でしたが、子供達が楽しんでいる姿を見ているうちに自分のコンプレックスが些細な事のように思えてきました。やはり愛は偉大です。それでも温泉に入るときはちゃんと前を隠して完全にガードして入っていました。

しかし、数年にわたり温泉に通ううちに私はすっかり温泉好きになってしまいました。そして一緒に入っているほかの人達のアレを見てみると思ったほど自分とかわらない気がしてきました。むしろ、私より小さくても一切隠そうとしない方もいらっしゃいます。すがすがしいほどです。最近ではだんだん私もガードが甘くなり、多少見えても良いや位に思えるようになりました。これからも温泉に通い続けたいと思います。そして、出来れば二人の息子達には立派に成長して欲しいと願っています。

ちんこが小さいから大きくするためにオナ禁は効果あり

男性は一度は自分のちんこの大きさに悩むと思います。大きさについての悩みが出たのは中学生から高校生にかけてでした。

当時はまだ自分以外のちんこを生でみることはあまりなかったのですが、AVを見るようになるとものすごく大きく張りのある真っ黒な立派なちんこが出演されているAVの中に映し出されていたことに衝撃を覚えたこと今でもはっきり覚えています。いつかはこんな立派な大きなちんこになるはずだと思っていたのですが一向に成長する気配がないので、調べてみるとちんこの成長には男性ホルモンが大きく関わっていることがわかりました。

男性ホルモンはオナニーをするとたくさんでるという記事を信じその日から毎日からならず1回はオナニーすることにしました。

オナニーは中学生の時はじめてしたのですが、その時から高校生までの間にみるみる成長し、今では立派なちんこになったと思います。

そのあと毎日オナニーをしていたのを徐々に回数を減らしてみることにしました。なぜ減らしたかと言うと、亀頭に張りがほしく禁欲すればもしかしたら張ってくるのでは?と思ったからです。

その結果オナニーをしなかった日の次の日は勃起すれば激痛になり亀頭はパンパンに膨れ予測通り固いちんこができました。

当時私が抱いていたちんこが小さいというコンプレックスは解消されました。結果としてはオナニーは必ずやるべきだということと、たまには禁欲に励むことも大事なことだと気づいた瞬間でした。

中学時代、風呂で毎日行った「包茎解消皮むき増大トレーニング大作戦」

日本人男性の多くは仮性包茎だという話を聞いたことがあります。たしかに、旅行などで大浴場や温泉に入ったときに目にするチンコには、皮がむけていないものが少なくありません。仮性包茎の男性が人の目を気にして、自分で剥いてから入浴することを考えると、包茎チンコはかなりの割合になると考えていいでしょう。

かくいう私は、まったく包茎とは無縁です。完全に皮の剥けた、いわゆる「ずる剥け状態」なのです。といっても、割礼したわけではありません。中学の時、自分で努力してずる剥けにしたのです。

「チンコの先が皮に覆われた状態を『包茎』と言う。包茎のままだとセックスもうまくできないし、女性から嫌われる。ひどい場合は病気になることさえある」ということを、中学2年の時に知りました。

私はその時初めて、自分のチンコが「包茎」というものだと知ったのです。確かに、父のチンコは皮がかぶっていません。けれど、それまで、別にその違いについて、考えてみたことがなかったのです。

「これは大変」と思った私は、毎日風呂で、皮むきトレーニングをするようになりました。「湯船に入りながら、少しずつ剥くようにすると、無理なく剥けるようになる」という情報も、同時に耳にしたからです。

無理に剥こうとすると、激痛が走ります。そこで、聞いた通り、湯船の中で少しずつ、少しずつ剥いていくようにしました。記憶は定かではありませんが、完全に剥けるようになるまで、かなりの時間がかかったはずです。けれど、努力の甲斐あって、高校生になったころには、完全に剥けるようになりましたし、高校生になってチンコがさらに成長してからは、ふだんでも皮が剥けている状態になりました。